潮美 舞(しおみ まい、1999年7月14日[2] - )は、日本のAV女優。

shiomi_mai_001
01
shiomi_mai_002
02
shiomi_mai_003
03
shiomi_mai_004
04
shiomi_mai_005
05
shiomi_mai_006
05
shiomi_mai_007
07
shiomi_mai_008
08
shiomi_mai_009
09
shiomi_mai_010
10
shiomi_mai_012
11
shiomi_mai_013
12
shiomi_mai_014
13
shiomi_mai_015
14
shiomi_mai_016
15
shiomi_mai_017
16
shiomi_mai_018
17
shiomi_mai_019
18
shiomi_mai_020
19
shiomi_mai_021
20
shiomi_mai_022
21
shiomi_mai_023
22
shiomi_mai_024
23
shiomi_mai_025
24
shiomi_mai_026
25
shiomi_mai_027
26
shiomi_mai_028
27
shiomi_mai_029
28
shiomi_mai_030
29
shiomi_mai_031
30
shiomi_mai_032
31
shiomi_mai_033
32
shiomi_mai_034
33
shiomi_mai_035
34
shiomi_mai_036
35
shiomi_mai_037
36
shiomi_mai_038
37
shiomi_mai_039
38
shiomi_mai_040
39
shiomi_mai_041
40
shiomi_mai_042
41
shiomi_mai_043
42
shiomi_mai_044

神奈川県出身。 小学4年生の頃に恥骨の辺りを押すと気持ちいことに気付きオナニーを始める。 バイブや電マといった大人のオモチャが好きで、ほぼ毎日朝晩オナニーをしていて回数は週10回を超える。 初体験の相手は学生時代の先輩。 これまで親の敷いたレールを歩んできて就職もそうなるはずだったが、大学3年になって就職活動をするうちに1度も自分で決めることなく社会に出ることにモヤモヤしたものを感じるようになった。そんな時にSNSでかわいい子をたまたま見つけ、調べるとそれがAV女優だと知り、さらに調べるとAV女優たちがみなかわいくて輝いていて、自分も同じ舞台でやってみたいという気持ちが芽生えたことがAV女優となったきっかけ。 「潮美舞」という芸名は“潮が美しく舞う”という気持ちを込めて付けられたが、デビュー作の撮影まで潮を吹いた経験はなかった。