乃亜のAV女優ヌード


noa_0

乃亜(のあ、1984年1月12日 - )は、日本のAV女優。


乃亜エロ画像・貧乳ガリガリAV女優のヌード45枚


noa_1

noa_2

noa_3.1

noa_3.2

noa_9

noa_10

noa_11

noa_12

noa_13

noa_14

noa_15

noa_16

noa_17

noa_18

noa_20

noa_19

noa_21

noa_22

noa_23

noa_24

noa_25

noa_26

noa_27

noa_28

noa_29

noa_30

noa_31

noa_32

noa_34

noa_33

noa_35

noa_36

noa_37

noa_38

noa_39

noa_40

noa_41

noa_100

noa_4

noa_5

noa_6

noa_7


椎名りくプロフィール


人物・来歴


2004年、鳥越 乃亜(とりごえ のあ)としてAVデビュー。同年7月、乃亜に改名してソフト・オン・デマンド専属女優になった。専属を離れてからは、痴女ものを中心に活躍している。現在はAV女優活動しながらもゲームマニアとしてブログを開設している。


2008年4月に『乃亜初監督作品 主演紅音ほたる』でレアル・ワークスよりAV監督デビュー。

なお、現在のプロフィールでは生年月日は1984年1月12日生まれとなっているが、以前の「鳥越乃亜」時代のプロフィールでは1980年1月12日生まれとなっていた[1]。


人物

これといったトレーニングはしていないらしいが、腹筋が割れるなど筋肉質でスレンダーな体型を維持したモデル風の女優である[要出典]。


出演作品中(拘束椅子美脚トランス)で「あなたはSかMか?」との問いに対し、「サービスのS、満足のM」と直接の言及を避けているが、「本当は荒々しく責められるほうが好きなんですけど、(作品が売れるため)痴女の仕事しか回ってこないんです。それが残念ですね」という意味のことを関係者には漏らしているようである[2]が、最近は痴女ものにしか出演をしない意向を示しているとされる。そのため男性に対し非常に高圧的なふるまいを見せる演技をすることがほとんどだが、デビュー当初は数は少ないが痴女役ではないノーマルのドキュメンタリー作品にも出演しており、それらの作品中では痴女役とは違い、かなり照れながら男優と絡む姿やあっさりとした自慰行為を見せることもあった。


人柄について友人である紅音ほたるからは「普段からドS」と言われているが、イベントやインタビューに応じる際は、痴女を演じる作品中の高圧的な態度とは違い気さくに温厚に応じることが多い。インタビュー等の質問には「わざと毎回違う回答をする」らしく、いたずらが好きらしい。範田紗々のブログにはバレンタインのチョコレートを排泄物の形にするなどして楽しんでいた。

AV女優同士、ゲーム関係者との交際関係が広いようで、上記の紅音ほたるや他に峰なゆからとは仲が良い。紅音とは共演が非常に多く初監督作品も紅音を主演に据え、ゲーム関係では2010年東京ゲームショーにゲストとして出演されたほどである。紅音の引退イベントにも参加しスピーチを述べている。また、2007年3月20日の峰なゆからのイベントにはわざわざ変装をして参加をしている(周囲の人間にはバレバレだったらしい)。 また、晶エリー泉まりんとも仲がよく、完全に名前を伏せてイベントに参加する等、ファンが追いかけられない行動をとることもある。 また、絶頂倶楽部というAV女優のみ参加が許されるサークルではチーママを務め(ママは一ノ瀬カレン。その他に天衣みつや大塚ひな、立花里子峰なゆから多くのAV女優が参加している)、幹事役の一人として女優同士の交流を促進している。


ゲーマーであることを自他ともに認めており、自身のブログでは多くのゲームのレビューがマニアックかつ知的な文章でつづられている。 2010年1月にはゲームソフトの発売イベントに出演する等、ゲーム関係の仕事にも積極的に取り組んでいる。


2010年11月20日に行われた『ヲ乙女ナイト(おとめないと)!〜ヲタクで可憐なヲ乙女アイドル大集会!!』では、「ごきげんよう、現役AV女優の乃亜です」と自己紹介している(本人曰く「言わないと引退したと思われるんで」)。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』