AV女優のエロ画像でシコれ!

若い頃から今までセ〇ズリでお世話になったオジサン好みの女優ヌードとAV女優ヌードのエロ画像ですよ!女性アイドルや女優のセクシー、セックス、乳輪、乳首、ヌード、水着画像、オッパイ、パンチラ画像、AV女優のエロ画像、黒ギャル、お宝画像、熟女ヌード、昔のAV女優などエロそうなカット画像

ヌード

【画像】西尾かおりフリーアナウンサーの西尾由佳理似ているAV女優ヌード50枚でシコれ!

西尾かおり画像
nishio_kaori_001

西尾 かおり(にしお かおり、1983年11月24日 - )は、日本のAV女優。

略歴
2011年、吉田敦子(よしだ あつこ)名義でAVデビュー。
その後西尾かおりに改名。フリーアナウンサーの西尾由佳理(元・日本テレビアナウンサー)に風貌が似ていることから、そのことにちなんだ作品にも出演している。
趣味はドライブ・買い物、特技はバレーボール。


>>ウィキペディア 西尾かおり


シンプルアダルト動画サーチ続きを読む

【画像】星空もあアニメオタクのAV女優ヌード53枚でシコれ!

星空もあ画像
hoshizora_moa-001
続きを読む

【画像】前田陽菜・尻美人なAV女優ヌード60枚でシコれ!

01
maeda_hina_001

前田 陽菜(まえだ ひな、1989年8月15日 - )は、日本の元AV女優。セレクションに所属していた。

略歴
2010年に「森川あみ(もりかわ あみ)」としてAVデビュー(名東所属)。
その後、セレクションに事務所を移籍、「前田陽菜」に改名。
2013年1月9日、Twitterで引退を表明。


>>ウィキペディア 前田陽菜
続きを読む

【画像】星杏奈・身長179センチのデカイおばさんAV女優ヌード60枚でシコれ!

星杏奈画像
anna-hoshi-0000
続きを読む

【画像】西田カリナ・日本とアメリカのハーフAV女優ヌード30枚でシコれ!

01
nishida_karina_001

西田 カリナ(にしだ かりな、1995年7月7日 - )は、日本の元AV女優。プロダクションALIVE所属。

略歴
グラドル、着エロの活動を経て[4]、2014年8月にh.m.p専属女優としてAVデビュー。

2015年2月[7]から11月までMOODYZ、2015年12月[8]から2016年2月までエムズビデオグループ、2016年4月から5月までワンズファクトリーの各々専属として活動。以降は専属を離れ企画単体女優となる。

2017年8月21日、川崎ロック座でストリップデビュー。

2020年4月に発表されたピンク映画ベストテンで桃熊・助演女優賞を受賞。

2021年9月10日、自身のTwitterにて同年10月いっぱいで引退する事を発表。活動終了後も発売告知のためTwitterなどは残すが、表立った活動は終了する予定。経費精算に事務所を訪れた11月15日には事務所アカウントのYouTube配信に友情出演している。


>>ウィキペディア 西田カリナ
続きを読む

【画像】星咲優菜Hカップ元着エロアイドルAV女優ヌード41枚でシコれ!

01
maedayuuki_001av

星咲 優菜(ほしざき ゆうな・1990年5月25日 - )は、日本の元AV女優。
旧芸名は前田 優希(まえだ ゆうき)。元プライムエージェンシー所属。2013年より事務所を移籍、芸名を星咲 優菜に改め活動した。移籍後の最終所属事務所は非公開。

略歴
2010年夏頃より撮影会、イベント出演などの活動を経て、同年11月25日、ハックツ美少女Revolutionにて着エロアイドルとしてデビュー。その後2011年4月にAVデビュー。

アイドルオタクであることを公言している。BiS、ひめキュンフルーツ缶、パワースポットなど。 また、パンクやハードコア、スラッシュメタルなどの音楽も好んで聴いている。

空耳アワーに数度登場している。

パイズリにはこだわりを持っている女優である。

下記に記載されたテレビ東京のバラエティ番組「家、ついて行ってイイですか?」出演時は、一般人として取材クルーと偶然出会い、その後の取材で2014年をもって活動を辞めていること、現在ではアイドルやバンドのライブ会場のスタッフ・裏方として活動していると明かしている。


>>ウィキペディア 星咲優菜
続きを読む

【画像】成宮いろは・熟女AV女優ヌード49枚でシコれ!

成宮いろは画像
narimiya_iroha_001
続きを読む

【画像】水澤まお(永沢まおみ)潮吹き娘のAV女優ヌード64枚でシコれ!

水澤まお画像
03mizusawa_mao_014

水澤 まお(みずさわ まお、1990年6月25日 - )は、日本の元AV女優。

略歴
2010年11月、アダルトビデオメーカー・プレステージの専属女優「永沢まおみ(ながさわ まおみ)」としてAVデビュー。デビュー時のプロフィールでは、生年月日を1987年5月26日としていた。所属事務所は名東。
2011年6月で専属を離れ、以後は多数のメーカー作品に出演。多くの作品で大量の潮吹きを披露している。
2012年4月から活動を休止していたが、2012年7月23日に「水澤まお」としてのブログを新たに開設し、初回の投稿で前月末から活動を再開していたことを明かした。所属事務所はエンプレス。
2014年11月、公式ブログで同月で引退したことを発表(ブログは後に削除)。
2016年12月よりAVプロダクション・アトラクティブのマネージャーとなった。


>>ウィキペディア 水澤まお
続きを読む

【画像】星川麻紀・ザーメン娘のAV女優ヌード63枚でシコれ!

星川麻紀画像
hashikawa_maki_001

星川 麻紀(ほしかわ まき、1991年9月3日 - )は、日本の元AV女優。C-more Entertainment 所属。
身長:159cm。スリーサイズ:B83(D)・W59・H84cm。

略歴
2013年にAV女優としてデビュー。ザーメンソムリエ。『面接即採用。即デビュー!VOL.5 美しすぎる現役保育士。 オナニーが好きすぎて応募してきた素人娘。』(MOODYZ、2013年6月発売)でデビュー。し、ドグマを代表するM系女優として活動。2017年にAV活動を引退。引退作では監督・脚本・主演の3役を兼任した。


>>ウィキペディア 星川麻紀
続きを読む

【画像】有沢妃呂子・2015年に他界した火曜サスペンスわき役女優のヌード23枚でシコれ!

有沢妃呂子画像
arisawa_hiroko_000

有沢 比呂子(ありさわ ひろこ、1972年9月10日 - 2015年12月11日)は、日本の女優。
千葉県出身。最後の所属事務所はオフィスのいり。
デビュー時の芸名は有沢 妃呂子。

略歴
サンミュージックを経てオフィスのいりに所属していた。

1990年、サンミュージックオーディションで優勝し、91年「有沢妃呂子」でビデオ映画「キャント・バイ・ミー・ラブ」で女優デビュー。1997年、24歳の時、ヌード写真集『RED PATIO』を発表。2008年に「有沢妃呂子」から現在の芸名に改名した。

存在感のある女優として時代劇や2時間サスペンスなど数多くのドラマに出演した。

2015年12月11日、心不全のため死去。部屋で倒れているのを関係者に発見され救急搬送されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。遺族の意向により葬儀、告別式などは家族、親族のみで執り行われた。43歳没。

特技は日本舞踊。


>>ウィキペディア 有沢妃呂子
続きを読む

【画像】西村ニーナ胸がデカくなる出世魚”女優のヌード60枚でシコれ!

西村ニーナ画像
nishimura_nina_001

西村 ニーナ(にしむら ニーナ、1987年11月15日 – )は、日本のAV女優。バンビプロモーション所属。

略歴
神奈川県出身。2010年6月にデビューした巨乳AV女優。当時の芸名は大沢かえで。同年9月発売の作品をもって引退するが、2014年4月、雪平こよみの芸名で再デビュー。2015年7月、西村ニーナに改名。2016年5月20日、AVからの引退を発表。2017年6月11日、AVへの復帰を報告する。

引退と復帰を繰り返していることについてAVライターの梶山カズオは「復帰のたびに胸の質感、サイズが成長し人気が伸びている“出世魚”女優」とコメントしている。

2020年11月、跡美しゅりプロデュースのアイドルユニット「みっぴぃな」結成メンバーとなる。2021年5月9日をもって同ユニットを卒業。

2022年2月22日、マドンナ専属女優となったことをtwiitterにて発表。


>>ウィキペディア 西村ニーナ
続きを読む

【画像】星優乃のフェラがエロいAV女優ヌード87枚でシコれ!

星優乃エロ画像
hoshi-yuuno001

星 優乃(ほし ゆうの)は、日本の元AV女優。

略歴
趣味:車、犬のカット、ネイルアート、ダーツ、K-POP。
チャームポイント:顎の先まで伸びる長い舌。
2008年9月よりパラダイステレビ女子アナになった。
現在はMENUPのイメージキャラクター。
2012年2月、アフリカ座 VIVID COLOR「Re:born~リボン~」の公演終了を以って引退した。


>>ウィキペディア 星優乃
続きを読む

【画像】有森也美・今年55歳になる女優のヌード41枚でシコれ!

有森也美エロ画像
a_narimi_0000

有森 也実(ありもり なりみ、1967年12月10日 - )は、日本の女優である。本名同じ。
神奈川県横浜市生まれ。スペースクラフト・エンタテインメント所属を経てフリー。

略歴
明治大学付属中野高等学校定時制卒業。

中学3年生の時にファッション雑誌の専属モデルとなり、芸能界デビュー。

1986年、ミニシアター系映画『星空のむこうの国』にヒロインとして出演、映画デビューした。同年、『キネマの天地』でもヒロイン役を演じ、第29回ブルーリボン賞新人賞、第10回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。

1991年放送のテレビドラマ、『東京ラブストーリー』(フジテレビ)への出演でも注目された。その後も女優としての活動を続け、主に助演としての出演のほか、森光子主演の『放浪記』などで舞台女優も務めている。

2002年に出版された自身の写真集ではセミヌードを披露したほか、同年公開の映画『新・仁義の墓場』でも大胆な濡れ場を演じた。

2020年5月末でスペースクラフトを退社しフリーとなる。


>>ウィキペディア 有森也美
続きを読む

【画像】47歳麻田華子の若い頃のヌード

麻田華子エロ画像
asada_hanako_000

麻田 華子(あさだ はなこ、本名:真鍋 華子(まなべはなこ)、1974年6月15日 - )は、東京都府中市出身の元アイドル、元タレント、元アーティスト。

略歴
1987年、第2回東鳩オールレーズンプリンセスコンテストグランプリを受賞。1988年2月21日に、ビクター音楽産業より「好き♡嫌い」でアイドルとして13歳でレコード・デビュー。シングル5枚と、アルバム2枚をリリース。1990年に、芸名:樹本彩華に改名、映画『もうひとつの原宿物語』に出演。1994年2月15日に、芸名:村上理央に再改名をし、ワニブックスより、ヘアヌード写真集『体温』(撮影:安達尊)を発売。一時休業後、1996年2月29日に、芸名:麻田華子として復帰し、スコラより、ヘアヌード写真集『誘蛾燈』(撮影:渡辺達生)を発売。1999年5月8日に、avex traxより、女性3人組ボーカル&ダンスユニット“TRINITY”のメンバーMOCAとして、シングル「desires」でアーティスト・デビュー。プロデュースはavexの松浦勝人。シングル6枚、アルバム1枚をリリース。現在は、結婚して芸能活動を引退。


>>ウィキペディア 麻田華子
続きを読む

【画像】成宮ルリ・155cm貧乳のロリ系のAV女優ヌード41枚でシコれ!

成宮ルリエロ画像
narumiya_ruri-001

成宮 ルリ(なるみや ルリ、1994年8月15日 - )は、日本のAV女優。東京都出身。

略歴
2013年1月にAVデビューした、貧乳のロリ系AV女優である。別名作品も複数存在する。

高校中退後、街を歩いているところをスカウトされた。AV女優の最短デビューは高卒後が通常であるが、本来ならばまだ18歳の高校生をしていた年に、高校を中退していたために通常のデビュー時期よりもさらに早いデビューとなるフライングデビューを果たした。

2015年、2016年と、同じ名義の「AV女優、成宮ルリ」名義で、東京都内の風俗店で風俗嬢としても勤務している。

誕生日については、ほとんどが1994年8月15日の記述となっているが、1994年11月30日と記述されているものも複数存在している。本人は前者が正しいとしており、スカウトされた際に誤って担当者が聞き間違えたために生年月日が一致しなくなっていると言う。


>>ウィキペディア 成宮ルリ
続きを読む

【画像】西川りおん・どスケベHカップ爆乳のAV女優ヌード47枚でシコれ!

西川りおんエロ画像
nishikawa_rion_001

西川 りおん(にしかわ りおん、1989年5月18日 - )は、日本の元AV女優。ギルフィー所属。

略歴


>>ウィキペディア 西川りおん
続きを読む

【画像】麻生真宮子・懐かしい麻生真美子&キャプテンのヌード72枚でシコれ!

麻生真宮子エロ画像
aso_mamiko_000

麻生 真宮子(あそう まみこ、1964年2月5日 - )は、日本の元アイドル、元女優、実業家、政治活動家、大学教員。旧芸名は麻生 真美子、本名は田島 美和(たじま みわ)。身長162cm。スリーサイズは、B84/W60/H88(1987年11月)。


略歴
2003年に『G☆STAR』でAVデビュー。
2005年にhikaruに改名。
2006年に引退した。同時にブログも閉鎖された。
2008年にブログ再開。
白澤あげは名義での出演作がある。


>>ウィキペディア 星川ヒカル
続きを読む

【画像】星川ヒカル100センチGカップ爆乳のAV女優ヌード72枚でシコれ!

星川ヒカルエロ画像
HikaruHosikawa001

星川 ヒカル(ほしかわ ひかる(hikaru、白澤あげは)、1984年3月3日 - )は、日本の元AV女優。
東京都出身、血液型:B型 、身長:156cm 、スリーサイズ:B100・W60・H88、Gカップ。

略歴
2003年に『G☆STAR』でAVデビュー。
2005年にhikaruに改名。
2006年に引退した。同時にブログも閉鎖された。
2008年にブログ再開。
白澤あげは名義での出演作がある。


>>ウィキペディア 星川ヒカル
続きを読む

【画像】藍田美豊・もと少女隊のメンバーのヌード22枚でシコれ!

藍田美豊エロ画像
aida_miho0

藍田美豊。1969年8月31日。神奈川県逗子市出身、血液型はA型。
解散後は愛田実歩→愛田美歩→藍田美豊と芸名を変更。現在は結婚しており、3人の子供がいる。モデルの入夏は実娘。
>>ウィキペディア 藍田美豊

続きを読む

【画像】星宮一花・神奈川県出身のAV女優ヌード72枚でシコれ!

星宮一花エロ画像
hoshimiya_ichika_000

星宮 一花(ほしみや いちか、1998年6月28日 - )は、日本のAV女優。LINX所属。

略歴
2018年10月、エスワン専属女優としてAVデビュー。

デビュー時は現役大学生。デビュー以前には浴衣コンテストで優勝したことがある。

2020年2月11日配信「恵比寿マスカッツ 真夜中の運動会」にマスカッツ新メンバー最終オーディション最終候補として出演。

2020年3月31日配信分において同グループ研修生となることが発表されたが、同年4月30日に辞退を発表。


>>ウィキペディア 星宮一花
続きを読む

【画像】板谷祐三子・80年代アイドル元セイントフォーのメンバーヌード72枚でシコれ!

板谷祐三子エロ画像
itaya_yumiko_000

板谷 祐三子(いたや ゆみこ、本名同じ、1968年3月5日 - )は、日本の元アイドル歌手、元女優。神奈川県茅ヶ崎市出身、血液型はO型。
所属プロダクション:ABCプロダクション→サンクス→グローバル・サンミュージック→デュークハウスインク→ミスターセラ・プロジェクト→ネバーランド。

略歴
1984年にアイドルユニット「セイントフォー」としてデビューし、アイドルとして活躍した。映画『プルメリアの伝説 天国のキッス』でのオーディションの時にスカウトされたのが芸能界入りのきっかけだった。
その後グループを脱退し、雑誌のグラビア、オリジナルビデオなどでヌードを披露。主にセクシー路線で活躍を続けた。
アイドル時代は「舌を3つに折りたたむことができる」という特技があったという。
2005年8月、TBS「ウンナン&中村玉緒・感動!初恋!赤っ恥同窓会開きましたSP」にて番組出演。
現在は結婚・出産を経て、芸能界は引退しているとのこと。
2015年4月10日放送のTBS「爆報! THE フライデー」にて、セイントフォー初期メンバー3人が板谷とは現在連絡がつかないと公表している。


>>ウィキペディア 板谷祐三子
続きを読む

【画像】水野美香・Eカップ長身のAV女優ヌード41枚でシコれ!

水野美香エロ画像
mizuno_mika-00

水野 美香(みずの みか、1986年5月15日 - )は、日本のAV女優、ストリッパー。ロゼオプロモーション所属。
千葉県出身。身長:172cm。スリーサイズ:B90cm(E)・W59cm・H89cm。血液型:A型。

略歴
2006年3月、桃太郎映像出版専属女優として『B☆JEAN』でAVデビュー。同年5月16日、川崎ロック座でストリッパーとしてデビュー。現在でもAVの他に、ストリップにと活躍中。同じAV女優の小澤マリアと仲が良く、お互いのブログにも登場するほどプライベートでも仲がよい。


>>ウィキペディア 水野美香
続きを読む

【画像】まりなりな 麻生ひろみ 大野まりな・声優になる前のヌード43枚

まりなりなエロ画像
aso_hiromi_00000

まりな りな(1972年4月5日- )は、日本の女性声優、元歌手、音響監督。Honey Rush所属。2020年以前は大野 まりな(おおの まりな)の名義で活動し、青二プロダクション、TABプロダクション、アトリエピーチに所属していた。

略歴
5歳までは東京に住んでいたが、父親をなくし、母の実家である広島へ引っ越しをした。幼い頃から琴の修業を積むなど音楽性を育んでいくなかで「歌を歌いたい」という夢を強く抱くようになり、元々祖母が芸能志望であった夢を果たせなかったこともあって、母親には反対されたものの、祖母の夢を叶えるため」と、14歳で自ら様々なコンテストに応募するようになった。1988年にテレビ東京の『ミス・エクボ堂コンテスト』でグランプリとなり、同番組レギュラーを務めながら、アイドル雑誌の音楽祭などでも次々と最優秀賞を受賞。さらに、翌1989年10月、広島での『海と島の博覧会・美少女コンテスト』で優勝し、これにより本格的に芸能活動に入ることを決め、上京し芸能事務所に所属する。しかし、度々デビューの話が潰れたことで移籍をし、乙女塾一期生松本裕美 、モモコクラブ桃組2902番片山裕美などとしてTVなどに出演しながら歌手を目指すこととなる。乙女塾の最中には大賀埜々・佐藤愛子とともにribbonとしてデビューする話もあったが、母子家庭であった大野と大賀は、親元を離れて一人で生活するのが困難であったため、涙を飲んであきらめざるを得なかった。

当時の時代状況として、大野が活動を始めた1980年代後半はすでにアイドル歌謡が斜陽となっており、特に1990年代に入ると本格的にアイドル冬の時代を迎え歌手活動を始めることは困難になっていた。一方で、宮沢りえの様な絶大な人気を誇るアイドルがヘアヌード写真集を出してヌード表現に対する社会の評価を変え、女性解放的姿勢からも賞賛される状況であったこともあり、歌手活動に至るための「ステップとして」ヌードも含めたグラビア活動を行うことを決心する。家族へ迷惑がかかることから母親に土下座して許可を取り、1993年、野村誠一の撮影でスコラでデビュー、麻生ひろみとなった。モデルとしての活動は、アイドル性を保持したまま、その一番美しい時にヌードまで見せるもので、専門誌ではヌードアイドル(ヌードル)とも呼ばれ高い評価を受ける。

そうして数冊の写真集の出版や雑誌への連載を果たし、脇役での映画・ドラマ出演やラジオパーソナリティなども務めたものの、なかなか歌の仕事が来ることはなかった。そんな中、青二プロダクションのマネージャー経由で「声優になれば歌が歌える」と聞いて声優となることを決心し、大野まりなと名を変え、青二へ移る。当時はアイドル声優が流行り始めており、機会に恵まれたことでそれまで八年活動してもできなかった歌手の夢が三ヶ月後に早速叶えられることとなる。

芸歴はあったものの声優としては全くの初心者であったが、アイドル時代から叩かれて育ってきた経験から、いくら怒られても平気で、九怒られて一誉めてもらうぐらいが一番いいと語るほど熱心に取り組み、1995年にPC-FXのイメージキャラクターロルフィー役に抜擢され、アニメフリークFXで出演を始める。年末にはオーディションに受かって『ラジオ・声優グランプリ』のメインパーソナリティを担当、翌1996年には『エターナルメロディ』(レミット・マリエーナ役)で単体作品の主役級として初めて出演、さらに1997年にはオーディションで「リカちゃん電話」のリカちゃん役(2代目)に選ばれる。これは情報量が多く早口でしゃべらなければならない応答を編集無しの一発録りで半年分(18本)一気に収録というもので、「これを30年もやっていた(初代の)杉山佳寿子さんはすごい」と語っている。しかし、1999年に初のアルバムを発売し、まさにこれからという時に、前述のヌードグラビア活動がゴシップ週刊誌などで取り上げられたため、スポンサーの意向で降板となった。

その後も、『ファーストKiss☆物語』に引き続き主役として出演するなどしたものの、新天地を開拓するため事務所を移籍し、アダルト作品も含めた美少女ゲームへの出演を開始する。初の美少女ゲーム作品は2002年発売の『妹でいこう!』の吉住麻由夏役で、同作では主題歌も担当、以後は美少女ゲームの主題歌に多く採用される萌えソング(電波ソング)を多く歌い始め、その代表的歌手の一人に数えられるようになる。

一般に声優は成人向け作品では顔を隠して別名義で活動することが多いが、大野は特に名義を使い分けることもなく顔出し有りで活動し、異色の経歴と併せて業界に独自の地歩を築いていった。長じて自身が美少女ゲームの演技に苦労した経験を元に、それまで声優業界になかった美少女ゲームの演技を教える専門の講座の必要性を感じ、アトリエピーチの顧問に就き、自ら塾長として声優業の傍ら新人声優の演技指導を行うようになっている。担当は「芸能心得」で、単に声優の技術でなく、芸能人として生きる上での振る舞いや心構え、また「芸能界にある掟」を自身の経験を元に指導している。声優は精神面が強くないと続けられないため、精神的に強くなること、夢を諦めないことを新人達に教えているという。特に美少女ゲームの声優は動きを出す技術が必要でそれがすごく難しい。これができなければ立派な声優にはなれず、美少女ゲームの声優こそ「真の声優」であると語っている。

2018年4月8日、本人Twitterアカウントにて2019年12月31日をもって引退することを発表、翌年にはアトリエピーチ顧問、塾長を退任し、ライブなどを中心に活動した。予定した日を以て歌手活動などからは引退したものの、2020年1月1日よりまりなりなに活動名義を改め、Honey Rushに所属して声優、音響などの活動を続けている。


>>ウィキペディア まりなりな
続きを読む

【画像】成瀬心美(ここみ)のロリータ系企画AV女優ヌード55枚でシコれ!

成瀬心美エロ画像
naruse_kokomi_001

成瀬 心美(なるせ ここみ、1989年8月10日 - )は、日本のタレント、歌手、元AV女優。福岡県出身、ティーパワーズ所属。

略歴
AV女優のRioに憧れて業界入りを決意し、『エスカレートするドしろーと娘 146』にてロリータ系企画女優としてAVデビュー。のちにキカタン(企画単体)女優として活躍。

「成瀬心美」という芸名は、マネージャーが元々「心美」と付けたかったことと、たまたまテレビで野球を見た時に登板していた「成瀬善久」から「成瀬」の苗字をもってきて「成瀬心美」となった。
2009年、秋葉原にあるDVD店「アリババ秋葉原」公認の2009年度ミス・アリババに選ばれる。
2010年3月、Vシネマ『殺し屋サチ』で初主演。
2011年4月、ファン投票でメンバーが選出されたAV女優13名からなるグループ「One For All Twenty-One(OFA21)」の一員として、シングル「LOVE☆LIMIT?卒業までのカウントダウン」で歌手デビュー。同年12月、SOD大賞2011優秀女優賞受賞。
2012年2月11日、桜ここみ、めぐり(藤浦めぐ)、神咲詩織、Maikaとの5人組のユニット「“me-me”(ミーム)」でデビューライブを行った[7]。同年2月14日、スカイパーフェクTV!の「スカパー!アダルト放送大賞」の女優賞・日刊ゲンダイ賞をW受賞。
2012年1月5日から2月29日まで行われた、アダルトビデオ30周年記念企画(AV30)の人気投票で5位に選ばれている。
2012年4月から半年間限定で、さとう遥希、加藤リナ、つぼみ、小倉奈々とともにスカパーアダルト応援隊『AIDL5』を結成した。5人は配信数を競ってきたが、10月9日結果発表が行われ、成瀬が優勝し賞金100万円を獲得した。
2012年6月29日、自身のブログにて9月より宇宙企画専属女優になることを発表。
2012年11月1日、Maika・神咲詩織・桜ここみと成瀬の4人で、me-meのライブを9ヶ月ぶりに実施した。
2013年2月、DMM.R18の個人作品検索ヒット数(総集編含む・BD版重複有り・素人系除く)が1000作を突破した[要検証 – ノート]。
2013年2月25日のラジオ番組『成瀬心美のもうすぐオトナ時間』内で4月以降休養に入ることが発表された。その後に更新されたブログでは、多忙なスケジュールにより1年前から体調不良を訴えることが多くなり、事務所からも休養するように言われていたという。当時の休業、引退理由をのちに「“燃え尽き症候群”」と表現している。
2013年12月24日にme-meのライブ「me-me* Love Night vol.4 ~X'mas Special~」にゲスト出演。約10ヶ月ぶりにファンの前に姿を現した。
2014年1月6日に自身のTwitterで2014年1月21日に新宿TSUTAYAにて復帰イベントを開催することを発表。
2014年以降はタレント、KMPや事務所主催のイベントを中心に活動し、アダルトビデオへの出演は引退した。
最後に所属したAVメーカー・KMPの広報部長として活動している。
2014年4月頃よりハジメタルらと音楽活動を始め[20]、2015年10月よりオルタナティヴ・ロックバンド"mezcolanza"(メスコランサ)名義でライブやレコーディングを行っている。
2018年12月、自身のちびキャラ「なるせちょこみ」が公式キャラクターとして登場。
2019年7月6日、「なるせちょこみ」の第一弾LINEスタンプ発売。
2019年11月20日の『ぱちタウンTV』内で本当の出身地は新潟県ではなく福岡県であると発言し、その際に「新潟県の潟が書けない」と明らかにしている。
2020年11月13日、自身名義での初シングル「ごぶさた」をWEB配信でリリース。


>>ウィキペディア 星ありす
続きを読む

【画像】麻田奈美1970年代グラドルのりんごヌード36枚でシコれ!

麻田奈美エロ画像
mami_asada_s_001

麻田 奈美(あさだ なみ、1953年12月15日 - )は日本で1970年代に活動したグラビアモデル。「りんごヌード」と呼ばれる一枚の写真をきっかけに大ブレイクし、ヌードモデルでありながら当時の青年(団塊の世代・しらけ世代)のアイドルにまで祭り上げられた。なお、「麻田奈美」は芸名であり本名は非公開。


略歴
東京都江戸川区出身。小学生時代にクラシックバレエを習い、中学ではバスケットボール部に所属。都立武蔵丘高校を卒業する頃には当時の日本人としては珍しく、肉感的な体に並外れた巨乳と大きなヒップを持つ豊満な体型に成長した。この若く美しい頃の姿を記録として残してやりたいと考えた母親が、娘が18歳だった1972年秋に写真家・青柳陽一にヌード写真の撮影を依頼。これが雑誌グラビアでのデビューの話へつながり、『平凡パンチ』1973年1月29日号に初グラビアが掲載されると瞬く間にブレイクした。

彼女の名を伝説にしたのは『平凡パンチ』1973年3月12日号に掲載された、青柳陽一によるたった一枚の見開きグラビアである。赤い林檎で股間を控えめに隠したこの写真は「りんごヌード」と呼ばれ、のちに販売されたポスターは当時の青少年の部屋に必ず貼られているとまで言われるほどに売られた。圧倒的な反響から麻田のグラビアは『平凡パンチ』に独占的に掲載され、ヌードの掲載された号は大々的に部数を伸ばし、一説には最高100万部を超えたといわれる。『「ぼくらのオナペット」など公然と性的なコピーをつけられながらも同時に「光と風にたわむれる現代のヴィーナス」(映画監督藤田敏八の表現)とまで言われた。いわゆるアダルトモデルでありながらトップアイドルとしての地位を確立したのは麻田が最初とされる。

この1973年には本田技研工業・ヤシカのテレビCMへの出演や日本コロムビアからのレコードデビュー(『おそい夏 C/W カトレアの花』)など、グラビア以外の活動も話題となった。一時は熊井啓監督から映画への主演オファーも受けたが、製作会社に予定されていた日活が当時ロマンポルノ路線を敷いていたことから、「娘を無事お嫁にやる義務がある」と責任を感じていた母親がポルノ映画の会社であることを問題視したために断念[3]。結局、熊井は企画を仕切り直して関根恵子を主演に据えて『朝やけの詩』(1973年)として製作、東宝系で公開された。また、当時は音楽評論家の伊藤政則との交際関係が報道され、「朝帰り」の状況証拠から性的な噂が流布されたが、これについては伊藤が各種インタビューで再三「だからリーヤはないって」「最後までそういう機会はなかった」「入れたことはないよ」など直接的な性関係を否定し、「プラトニックな関係」を強調する発言を行っている。

グラビアの撮影はほとんどがデビュー以来の青柳陽一で、ほかの写真家による撮影、とりわけヌードはごく少ない。人気絶頂の1974年に突然グラビアから遠ざかり、一時休業。モデルのギャラで貯めたお金で年に数度海外に行くなど気ままに暮らしていたが、お金がなくなったということで1976年にグラビアに復帰。その際に選んだ場も『平凡パンチ』だったが、青柳とは別の写真家によるセミヌードだった。トレードマークの八重歯は休業期間中に矯正。

1977年に青柳と再び組んでセミヌードを披露したのち、ついにヌードグラビアを撮影。復帰直後はスリムだった肉体はしだいに丸みを帯びて豊満さを増し、往時を知らないファンからも新しい魅力を支持された。当時ブラジャーのカップサイズは公表されなかったが、一説にはデビュー時に85cm・Dカップだったバストは5年後には90cm・Fカップにまで成長していたという。

『平凡パンチ』掲載の5年間の集大成となる写真集『麻田奈美 青春の記録』を最後に青柳との仕事は終了。しかし直後の1977年から1978年にかけて、競合誌の『GORO』に篠山紀信の撮影によるグラビア「激写」に出演している。篠山は青柳の撮影では見られなかった彼女のワイルドな一面もクローズアップしていた。計3回掲載されたのち、今度は本当にグラビアを離れた。肥満を気にして引退を決意したといわれるが、明確な理由は語られなかった。


>>ウィキペディア 星ありす
続きを読む

【画像】板谷由夏が立ちバックで突かれているヌード59枚でシコれ!

板谷由夏エロ画像
itaya_001

板谷 由夏(いたや ゆか、1975年6月22日 - )は、日本の女優。福岡県出身。アミューズ所属。

略歴
北九州市立引野中学校、九州国際大学付属高等学校、福岡女学院大学短期大学部卒業。
1994年から『PeeWee』の専属モデルとして活躍する。
1995年には、博多華丸(当時は鶴屋華丸)やおたこぷー(当時はおタコ・プー)と共にSOUTH END×YUKAとしてシングル「SO.TA.I」をリリースした。
大谷健太郎の目に彼女の姿が留まり、1999年に映画『avec mon mari(英語版)』で女優として映画デビューし、ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。『パーフェクトラブ!』(フジテレビ)を皮切りに、数多くのドラマ、映画に出演して顔が知られるようになった。
2007年2月22日にスタイリストの古田ひろひこと結婚。その後2008年6月に長男、2012年8月9日に次男を出産、現在は2児の母である。
2018年8月28日、2007年10月より11年間キャスターを務めた『NEWS ZERO』を2018年9月いっぱいで卒業することを発表した。
石田ゆり子と親しく、互いのInstagramで交流の様子が度々掲載される。


>>ウィキペディア 星ありす
続きを読む

【画像】星ありすのIカップAV女優ヌード36枚でシコれ!

星ありすエロ画像
hoshi_arisu001

星 ありす(ほし ありす、1983年9月12日 - )は、日本のAV女優。
血液型:B型、身長:162cm 、スリーサイズ:B100・W63・H88 、Iカップ。

略歴
青森県出身。スカウトされてAV女優となった。2003年、『たわわな誘惑』でクリスタル映像専属女優としてAVデビュー。AVデビューを果たす少し前まではDカップであったがデビュー時にはIカップとなっている。
同年12月にMOODYZに移籍し『我社の爆乳OL奴隷 セクハラ凌辱終身雇用』でセルデビュー。
2004年10月からフリーになる。
2007年2月のエムズ・ビデオ・グループの『すごい爆乳美人の中出しゴックンFUCK』で初めて中出し作品を出した。


>>ウィキペディア 星ありす
続きを読む

【画像】瀬咲るなのお姉さん系エロAV女優ヌード60枚でシコれ!

瀬咲るなエロ画像
runa-sezaki-0

瀬咲 るな(せざき るな、1984年6月10日 - )は、日本のAV女優。
お姉さん系の女優。 企画系の作品の出演がほとんどである。
瀬崎 るなとして出演した作品がある。

略歴
2006年にAVデビュー。


>>ウィキペディア 瀬咲るな
続きを読む

【画像】西山あさひのGカップ爆乳エロAV女優ヌード57枚でシコれ!

西山あさひエロ画像
nishiyama_asahi-001

西山あさひ(にしやまあさひ)生年月日:1981年04月10日身長とサイズ:T155cm B90cm(Gカップ) W65cm H91cm
続きを読む

【画像】星あめりショートカットのエロAV女優ヌード60枚でシコれ!

星あめりエロ画像
hoshi_ameri-001

星 あめり(ほし あめり、1992年8月30日 - )は、日本のAV女優。NAXプロモーション(New Actor eXperience)所属。

略歴
2017年12月、大手アダルトビデオメーカー「SODクリエイト」からAVデビュー。
2019年よりクラウドファンディング『ラポルノファンディング』を開催。
2019年、特撮ヒロインAVの最高峰である『ギガデミー賞2019』にて最優秀作品賞を受賞。
2019年6月、ニコ生番組 トイズハートプレゼンツ「ハートの部屋(仮)」第57回にゲストとして出演。脳イキ女優の異名を持つ。
キャットファイトで頸椎損傷の怪我を負い、そのまま撮影を続けていたものの、次第に心身のバランスが崩れ辛くなってきたため、2019年12月から女優業を休業。2020年6月1日より復帰。


>>ウィキペディア 星あめり
続きを読む

【画像】水沢真樹のSMエロAV女優ヌード62枚でシコれ!

水沢真樹エロ画像
水沢真樹 ヌード画像 (1)

水沢 真樹(みずさわ まき、1983年5月10日 - )は、日本のAV女優。

略歴
東京都出身。総合格闘技のラウンドガールや 外資系ビール会社のキャンペーンガールを務めた。2009年1月、『総合格闘技イメージガール 水沢真樹デビュー!』で、アリスJAPANよりAVデビューした。趣味・特技はネイルアート。


>>ウィキペディア 水沢真樹
続きを読む

【画像】飯島直子54歳の若い頃のハミ乳ヌード59枚

飯島直子エロ画像
iijima_naoko_00

飯島 直子(いいじま なおこ、1968年2月29日 - )は日本の女優、タレント。神奈川県横浜市港北区出身。所属事務所はハーキュリーズ。

略歴
横浜市立日吉台中学校、大東学園高等学校卒業。アルバイト先でスカウトされる。
1988年、深夜番組『11PM』のカバーガールで芸能界デビュー。翌1989年には小谷ゆみ、山岸真璃子らを含む全8人で「イレックス」を結成。
1989年、Schickのレースクイーン(三瀬真美子とペア)、カネボウ水着キャンペーンガールに選ばれる(活動は1990年)。1990年、キリンビール、宇部興産のキャンペーンガールも務め、翌1991年にはキグナスF3000のキャンギャルとなる。この頃、ヌード写真集『NAOの方舟』を出版。
1991年、所属事務所を音楽制作プロダクションビーイング系列のオフィスフットワークへ移籍する。テレビドラマ『マスカット・ムーン』で女優としてデビュー。年末には映画にも出演。また、深夜番組『DAISUKI!』のレギュラーで出演し、天然の言動で注目を集め始める。
1992年10月からバラエティ番組『スーパーJOCKEY』のレギュラーになり、「熱湯コマーシャル」のサブ進行を務める。同年、当時同じ事務所(ビーイング系列のオフィスフットワークス)に所属する網浜直子とデュオユニット「W-NAO」を結成、歌手としてシングルをリリースし、7月にはアルバムとビデオもリリース。「W-NAO」ではB'zのカバーも披露。その縁もありB'zの「FUSHIDARA 100%」(LOVE PHANTOM c/w)にも参加している。1995年頃まで「W-NAO」の活動を続け、1996年にはソロ歌手としてシングル・アルバムをリリース。
1994年、コカ・コーラ『ジョージア』のCMに出演。このCMから、いわゆる「癒し系女優」として人気が上昇し、数多くのドラマに出演。1997年には『智子と知子』で田中美佐子とのダブル主演でドラマ初主演。2000年には月9ドラマ『バスストップ』で単独主演。
この頃、飯島のファッションやメイク(特に眉のラインなど)を真似る女性が「ナオラー」と呼ばれた。
1997年にTUBEの前田亘輝と結婚したが、2001年に離婚。
2012年12月25日、会社経営の男性と3年間の交際ののち、クリスマスの日に婚姻届を提出したことを発表した。
2021年10月27日、会社経営の男性とは既に離婚が成立している事が明らかとなった。
愛称は「なおちゃん」、「直子姉さん」。
左の二の腕に小さい一輪の赤い薔薇のタトゥーを入れている。
レイジーのファンで「私の永遠のアイドル」と『速報!歌の大辞テン』に出演した際に発言している。好きだったメンバーは影山ヒロノブ。またドラムスの樋口宗孝が死去し、お別れの会が催された際に参加している。


>>ウィキペディア 飯島直子
続きを読む

【画像】白石麻衣・乃木坂46の元メンバーのヌードセクシー水着33枚

白石麻衣エロ画像
01

白石 麻衣(しらいし まい、1992年〈平成4年〉8月20日 - )は、日本の女優、タレント、ファッションモデル、YouTuber。女性アイドルグループ・乃木坂46の元メンバー、『LARME』の元レギュラーモデル、『Ray』の元専属モデルである。群馬県出身。乃木坂46合同会社所属。身長162 cm。血液型はA型。愛称は、まいやん。

略歴
1992年(平成4年)8月20日、群馬県で生まれる。幼稚園児の頃、将来の夢はケーキ屋だったが、小学6年生の時、ファッションに対する興味からスタイリスト、モデルを夢見るようになる[。中学1年生の時、モデルを通じて音楽が好きになり、吹奏楽部へ入部。その後、ソフトボール部に転部。

群馬県の中学校に在学中、学校でいじめを受けて不登校になり、卒業後は母親と共に埼玉県へ引越し、同県の女子高等学校へ進学。高校2年生の時まで保育士を目指し、保育関係の選択授業や検定試験を受けていたが、高校3年生の時に進路相談で音楽の専門学校を知り、夏休みに体験授業を受けたことがきっかけで音楽の専門学校へ進学。両親からは短期大学を勧められたが音楽の道で頑張ることを約束し説得した。専門学生時代は歌のレッスン、リスニング、音楽理論、ゴスペルを学び、SPEEDやPerfumeのような小規模のダンスボーカルユニットを目標に勉強していたが、担任講師から勧められ乃木坂46の1期生オーディションを受験する。

2011年(平成23年)8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格、オーディションでは西野カナの「このままで」を歌唱。暫定選抜メンバーに選ばれ、立ち位置は中列だった。ダンス経験がなかったため、乃木坂46の連日朝晩続くダンス練習に苦闘し、歌手とは異なるものになってしまいそうで、想像していたのとは違うところへ来てしまったのではないかと考えたが、乃木坂46のメンバーと話し合い、両親との約束を思い出した結果、この活動に前向きに取り組むことを決めた。

2012年(平成24年)2月22日、乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビュー。5月2日、乃木坂46の2ndシングル「おいでシャンプー」のカップリング曲「偶然を言い訳にして」で初のユニットを務めた。11月8日、『GirlsAward 2012 AUTUMN/WINTER』で西野七瀬と共にモデルデビュー。

2013年(平成25年)1月1日、『CDTVスペシャル! 年越しプレミアライブ2012→2013』(TBSテレビ)に乃木坂46として出演し、「制服のマネキン」で初のセンターを披露[25]。1月5日、バラエティ番組『うまズキッ!』(フジテレビ)にて、MCとして初の単独レギュラー出演を開始。1月13日、乃木神社で成人式を迎える[27]。3月23日、ファッション誌『Ray』の専属モデルに起用され、乃木坂46で初のファッション誌専属モデルとなった。6月15日、2009年の秋華賞を制したレッドディザイアの全弟に「キミノナハセンター」と命名。7月3日、乃木坂46の6thシングル「ガールズルール」で1stシングル「ぐるぐるカーテン」から5thシングル「君の名は希望」までセンターを務めた生駒里奈に代わってセンターを務める。それまでは生駒里奈についていくことのみを意識していたが「ガールズルール」でセンターを務めたことによって出演番組で応対を任せられるようになり、グループ全体を意識するようになる。11月、『Samantha Tiara 2013 クリスマス ジュエリー』のCMに出演し、サマンサタバサのイメージモデルとして「サマンサミューズ」に就任。11月23日、『Ray』で初の単独表紙を務めた。

2014年(平成26年)6月、『16人のプリンシパル trois』で主要十役を制覇。12月10日、初のソロ写真集『清純な大人』を発売。写真集は週間推定売上3万1807部を記録し、2014年12月22日付のオリコン週間ランキングのBOOK総合部門で7位を獲得、初版発行部数は10万部を突破した。

2015年(平成27年)1月23日、1stフォトブック『MAI STYLE』を発売。写真集は週間推定売上1万9004部を記録し、2015年2月2日付のオリコン週間ランキングのBOOK総合部門で4位を獲得した。

2016年(平成28年)8月23日、『Ray』の2016年10月号から3号連続でカバーガールを務める。12月7日、2ndソロ写真集の公式Twitterを開設した。

2017年(平成29年)2月7日、2ndソロ写真集『パスポート』(講談社)を発売[注 2]。写真集は2017年2月20日付のオリコン週間ランキングで週間推定売上10万3520部、同ランキングのBOOK総合部門と写真集部門で1位を獲得、女性ソロ写真集として初の週間推定売上10万部を上回り、歴代最高記録を達成、2017年上半期オリコン“本”ランキング写真集部門で1位となった。ヒット要因は、女性にも楽しんでもらえる写真集をという白石麻衣の意向を引き継ぎつつ、乃木坂46グループ内でランジェリーショットを初解禁した作品で、男性が好むセクシーカットと、女性が好む美しいオシャレなカットや本のサイズを両立させた点、予約開始から発売まで2か月間を設け、40頁近い写真をネット公開して期待感をあおりながら話題が途切れぬようマーケティングを行なった点にある。

2018年(平成30年)3月12日、乃木坂46の20thシングル「シンクロニシティ」で「ガールズルール」以来約4年9か月ぶりの単独センターを務めることが発表された。3月23日発売の『Ray』5月号をもって同雑誌専属モデルを卒業。3月30日、東京ドームで行われたプロ野球の開幕戦(読売ジャイアンツ対阪神タイガース)で試合前に桜井玲香・西野七瀬・生田絵梨花・久保史緒里・山下美月と共に国歌斉唱。5月12日放送の『世にも奇妙な物語 '18春の特別編』「フォロワー」(フジテレビ)で、ドラマ単独初主演。5月17日発売の『LARME』034号をもって2012年の創刊号より約6年間務めてきた同誌レギュラーモデルを卒業。6月21日、「キリン 氷結」のプロモーションのため、Instagramのアカウントを期間限定で開設。7月4日、「2018年 上半期 TV-CM 会社数ランキング」(エム・データ)の女性タレント部門1位(起用15社)を獲得。11月、『日経トレンディ』の「2018年 今年の顔」に選出。12月4日、「2018年TV-CM会社数ランキング(女性)」(エム・データ)の女性タレント部門1位(起用20社)を獲得した。

2019年(平成31年 / 令和元年)5月、2ndソロ写真集『パスポート』(講談社)が累計発行部数36万部を記録し、11月6日に生田絵梨花と共に第1回野間出版文化賞特別賞を受賞。

2020年(令和2年)1月7日、同年3月25日発売の乃木坂46の25thシングル「しあわせの保護色」をもって乃木坂46を卒業することを発表[67]。同年5月5日・6日・7日に東京ドームのライブで卒業予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて卒業ライブは中止、卒業も延期となった。6月、『日経エンタテインメント!』のタレントパワーランキング2020「女子アイドルランキング」で1位を獲得。8月18日、YouTubeチャンネルを開設。誕生日にあたる8月20日に第1回目の配信を実施。この日の配信において、延期していた卒業ライブを10月28日に配信ライブで開催することを発表した。10月26日、TBSテレビ系列『CDTV ライブ!ライブ! 2時間スペシャル』に出演し、白石のセンター曲「ガールズルール」、「今、話したい誰かがいる」、「インフルエンサー」、「シンクロニシティ」、「しあわせの保護色」5曲のメドレーを披露し、乃木坂46として最後のテレビ音楽番組の歌唱をした。11月1日、白石麻衣オフィシャルサイトとInstagramを開設。11月18日、ananAWARD2020ミューズ部門を受賞。11月26日、乃木坂46公式サイト内の公式ブログが閉鎖された。

2021年(令和3年)1月26日から元乃木坂46の西野七瀬と共演するアサヒビール「アサヒスーパードライ」の新CMが全国オンエアされた。9月23日、お笑いコンビ・かまいたちとのテレビ朝日系バラエティ番組『ウラ撮れちゃいました』の放送がスタートした。初のゴールデン帯レギュラー番組MCを務める。

2022年(令和4年)1月26日、同年4月公開のアニメ映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』にゲスト出演することが発表された。声優に挑戦するのは本作が初となる。


>>ウィキペディア 白石麻衣
続きを読む

【画像】水澤りこのAV女優ヌード55枚

水澤りこエロ画像
00

水澤 りこ(みずさわ りこ、1997年2月11日 - )は、日本のAV女優。バンビプロモーション所属。

略歴
神奈川県出身。2016年4月、E-BODYの専属女優としてデビューした巨乳AV女優。
同年7月よりFitchの専属となり、10月で専属を離れる。
趣味・特技は料理。


>>ウィキペディア 水澤りこ
続きを読む

【画像】麻倉未稀・熟女シンガーソングライターヌード38枚

麻倉未稀エロ画像
asakura_miki_003

麻倉 未稀(あさくら みき、1960年7月27日 - )は、日本の歌手。作詞家。本名:高橋 徳子(たかはし のりこ)。 身長とスリーサイズ、T160、B90、W60、H88。

略歴
大阪府大阪市出身。姉は、ミス・ユニバース近畿地区代表である。父親は元新聞記者。

1981年にシングル「ミスティ・トワイライト」でデビュー。TBS系大映ドラマの主題歌の歌い手として有名であり、『スチュワーデス物語』の主題歌「What a feeling~フラッシュダンス」、馬場信浩原作『スクール☆ウォーズ』の主題歌でボニー・タイラーの「Holding Out for a Hero」のカバー「ヒーロー」、『乳姉妹』の主題歌でボン・ジョヴィの「夜明けのランナウェイ」のカバー「Runaway」が代表作である。

TBS系『ザ・ベストテン』には、「黄昏ダンシング」で「今週のスポットライト」で初出演、その後同番組において麻倉自身唯一のランクインを(最高9位)果たした。

2017年4月、番組企画で受けた人間ドックでの診断結果で、左乳房部にステージ2の乳癌が発覚。同年6月に左乳癌全摘出及び乳房再建手術を受け、6月末に無事退院。7月には音楽活動再開を果たしている。


>>ウィキペディア 麻倉未稀
続きを読む

【画像】星崎アンリのAV女優ヌード48枚

星崎アンリエロ画像
hoshizaki_annri_012

星崎 アンリ(ほしざき あんり、Anri Hoshizaki、1989年1月22日[1] - )は、日本のタレント。元AV女優。

略歴
2008年11月下旬、街でスカウトされたのをきっかけに事務所に所属する。業界に入ったのは、興味と好奇心からだった。芸名は所属事務所のスタッフが考えたものである。当初「星崎アケミ」が有力候補として挙がっていたが、星崎が「昭和のスナックっぽい」との理由で拒否した。その他に「星崎こころ」「星崎未来」という候補もあったが既にその名前の女優が存在するなどの理由から却下になった。
2009年2月7日、星崎アンリ名義での活動開始。企画作品『恥漢』の撮影を行う(発売は同年4月18日)。同年5月18日、『初めてのAV出演。』でAVデビュー。のちにキカタン(企画単体)女優として活躍。
2009年3月15日に公式ブログ『アンリのSweets Days』を開始した。
2010年7月29日、BRW108のメンバーに加入する。
2011年2月18日、制作メーカー『ワンモア』内で行われたOKB☆21プロジェクトの選抜総選挙において第1位となり、 OFA☆21(One For All Twenty-One)のメンバー入りをはたす。
2011年2月26日、デビューした2009年2月以来定期開催している撮影会が50回を突破をする。
2011年3月3日、Twitterを開始する。(アカウント:anri_hoshizaki)
2011年4月27日、OFA☆21のメンバーとして『LOVE☆LIMIT~卒業までのカウントダウン』 でCDデビューをはたす。
2014年7月、セガのゲーム「龍が如く」のキャラクター出演をかけたセクシー女優人気投票にエントリー。同年8月24日、結果発表。「龍が如く0 誓いの場所」への出演権を逃した。順位・得票数未発表。
2015年を境にAV女優業からはフェードアウト。接客業を続けながら事務所には籍を置き、タレント業は続けている。


>>ウィキペディア 星崎アンリ
続きを読む

【画像】水原さなのAV女優ヌード50枚

水原さなエロ画像
mizuhara_sana_001

水原 さな(みずはら さな、1985年9月8日 - )は、日本の元AV女優。LINX所属。

身長:153cm。スリーサイズ:B86(D)・W62・H85cm。血液型:A型。趣味・特技:料理、裁縫。

略歴
千葉県出身。2014年4月、ビデオメーカー。SODクリエイトの専属女優としてAVデビュー。


>>ウィキペディア 水原さな
続きを読む

【画像】真白ここのHカップ爆乳AV女優ヌード31枚

真白ここエロ画像
01

真白 ここ(ましろ ここ、1996年12月4日 - )は、日本のAV女優。元グラビアアイドル。プライムエージェンシー所属。

略歴
2016年、グラビアアイドル「太田新葉(おおた わかば)」としてデビュー。所属事務所はマイスタープロモーション。
2017年9月28日、AVデビューすることと「真白ここ」に改名することをツイッターで発表。プライムエージェンシー所属となり、同年11月にAVデビュー。


>>ウィキペディア 深田梨菜
続きを読む

【画像】深田梨菜(深田梨奈)のAV女優ヌード39枚

深田梨菜エロ画像
rina-fukada-01

深田 梨菜(ふかだ りな、1989年12月21日 - )は、日本の元AV女優。

略歴
2008年にAVデビュー。アスリート・ギャル・痴女・熟女・M女・BDSMなど、様々な役柄で作品を残す。
2011年12月1日に発売された「極太アナルFUCKエクスタシー」ではアナルを解禁するなど、活動後期には幅広いプレイに対応するようになる。
2012年12月9日、自身のツイッターにて、2013年1月いっぱいで引退することを発表[2]。引退理由は「色んなやりたい事にチャレンジしようかなって!(o^^o)」とのこと。


>>ウィキペディア 深田梨菜
続きを読む

【画像】真咲南朋(楓モモ、安藤なつ妃)女流AV監督AV女優ヌード32枚

真咲南朋エロ画像
真咲南朋 ヌード画像 (1)

真咲 南朋(まさき なお、1985年7月24日 - )は、日本のAV監督。元AV女優。

略歴
2008年5月にワンズファクトリーよりAVデビュー。
2011年3月9日、自身のブログおよびツイッターにて、3月いっぱいで引退することを発表。引退する理由は、「現実の厳しさや、業界の厳しさ、それに年齢的にも生活面でも、まぁ総合的に考えて辞め時かなという考えに至り、引退を決意しました。」とのこと。 3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震の影響により、AVの撮影が延期した。そのため引退も4月となった。4月7日のブログ内にて一般男性との結婚を発表。


>>ウィキペディア 真咲南朋
続きを読む

【画像】須真杏里のAV女優ヌード39枚

須真杏里エロ画像
須真杏里 ヌード画像 (1)

須真 杏里(すま あんり、1986年12月23日 - )は、日本の元AV女優。
東京都出身、血液型はB型。DINO(名東)に所属していた。

略歴
2008年5月にワンズファクトリーよりAVデビュー。
2011年3月9日、自身のブログおよびツイッターにて、3月いっぱいで引退することを発表。引退する理由は、「現実の厳しさや、業界の厳しさ、それに年齢的にも生活面でも、まぁ総合的に考えて辞め時かなという考えに至り、引退を決意しました。」とのこと。 3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震の影響により、AVの撮影が延期した。そのため引退も4月となった。4月7日のブログ内にて一般男性との結婚を発表。


>>ウィキペディア 須真杏里
続きを読む

【画像】内海和子・おニャン子クラブの元メンバーのヌードエロ27枚

内海和子エロ画像
内海和子 ヌード (1)

内海 和子(うつみ かずこ、1967年2月16日 - )は、日本の女性歌手、タレント、元子役。おニャン子クラブの元メンバー。本名、下山 和子(しもやま かずこ)。

略歴
幼少の頃から児童劇団に所属し、劇舞台の公演やテレビドラマに子役として出演して活動していた。本人曰く「ベビーカーに乗っていた頃に、新宿伊勢丹の前でスカウトされたと母が言っていた」とのこと幼少の頃から児童劇団に所属し、劇舞台の公演やテレビドラマに子役として出演して活動していた。本人曰く「ベビーカーに乗っていた頃に、新宿伊勢丹の前でスカウトされたと母が言っていた」とのこと[2]。子役をしていた小学生時代は友達と遊ぶ機会もほとんど無かったという。平尾昌晃音楽教室に通っていた中学生時代の1981年、沖田浩之の曲『E気持』のコーラスメンバーに選抜されて参加する[3]。高校受験を機にそれらの活動を休止させて子役時代の幕を閉じる。

1985年4月。芸能活動を再開。フジテレビの新番組だった『夕やけニャンニャン』のおニャン子クラブのメンバーオーディション・コーナー、「ザ・スカウト アイドルを探せ!」に自ら応募して出場、106点を獲得して河合その子、富川春美と共に合格。翌週からおニャン子クラブのメンバー(会員番号13番)として活動を開始(同番組には実質的に第1回から出演)。また、おニャン子クラブ加入時に大学生になったことからオールナイトフジの出演の声がかかり、短期間であるがオールナイターズのメンバーとしても同時に活動した。

平尾昌晃音楽教室に通っていたことから、おニャン子クラブのデビュー曲「セーラー服を脱がさないで」のフロントボーカルの一員に抜擢。本人も「当時は絶対音感みたいなものがあったと思う」と語り、このようなことから、歌のレッスンを受けた経験が殆どないメンバーの中で内海に歌唱の面を課したところが大きかった。また、子役経験も買われて、幾つものおニャン子主体のドラマには主役格で出演するなど、おニャン子クラブ活動前期の代表的メンバーとなった。立見里歌と共にとんねるずと番組本番中にケンカをしたことがある(立見里歌#石橋貴明とのケンカ参照)。

おニャン子クラブのシングルレコードB面において、ソロで「思い出美人」「プリントの夏」を歌う。本格的なソロデビューが決まった際、ラジオで共演していた伊藤政則に「B面の女王、遂にソロデビュー!」と、大絶賛される。内海自身も「いつでもソロデビュー出来る」といった強い自信があったと言う。

1986年11月、「蒼いメモリーズ」でソロデビュー。このソロデビューを機に、それまでのフジテレビの預かりからホリプロ所属のタレントとなる。デビュー曲はアニメ『タッチⅣ』挿入歌に起用されたこともありヒット。オリコンチャートにおいて初登場3位と好成績であった。しかし、おニャン子クラブからソロデビューしたメンバーの楽曲はもれなく1位もしくは2位であったため「私だけ3位」と落ち込んだという。事務所のスタッフは「百恵でもデビュー曲はベスト3入りできなかった」と慰めたが納得できず、「悔しくて泣いちゃいました」と後年、述懐している。

1987年4月、おニャン子クラブを卒業。卒業生同士では、特に仲の良かった立見里歌とは「とても優しい子だけど、嫌なことは嫌だとはっきり言わなきゃダメよ」との言葉を、また高井麻巳子とは「とにかく女の子らしくて羨ましかった」との言葉をそれぞれ贈り合っていた。同年8月の番組終了時までには何回かゲスト出演をし、おニャン子クラブの解散コンサートにも出演した。
1989年頃からタレント活動と並行しながらカーレーサーとしての活動を開始。
1993年には『From Pheonix 内海和子写真集』でヘアヌードを披露した。
2017年10月24日、声の不調の原因となっていた「声帯にへばりついた血液の固まり」を摘出する手術を受ける。
2018年12月1日、娘がライブアイドル・ゆりあんぬ(XTEEN、平成墓嵐メンバー)であることを明かした。ゆりあんぬには生後7か月の頃から英才教育を受けさせ、小学校から大学まで一貫校に通わせるなど、内海曰く「蝶よ花よ」と育ててきた。ゆりあんぬは小学生までは優等生だったが、本人は「猫被ってた」と語り、自我が芽生えた思春期の頃から派手な行動をとるようになった。大学の入学式にもツインテールのピンクの髪という姿で出席したため、内海は母として入学式に行く気もなかったという。また、美容整形も繰り返し受けており、内海は自分の意に反した行動をとり続ける娘を見て見ぬ振りをして来たと話している。そして、大学を中退、アイドルとしてデビュー。「平成墓嵐」というグループで活動していることに対し、内海は「殴り込みにいきたいくらい嫌ですよ」と話している。

2021年9月16日、パニック障害と診断されたことを公表している。。子役をしていた小学生時代は友達と遊ぶ機会もほとんど無かったという。平尾昌晃音楽教室に通っていた中学生時代の1981年、沖田浩之の曲『E気持』のコーラスメンバーに選抜されて参加する。高校受験を機にそれらの活動を休止させて子役時代の幕を閉じる。
1985年4月。芸能活動を再開。フジテレビの新番組だった『夕やけニャンニャン』のおニャン子クラブのメンバーオーディション・コーナー、「ザ・スカウト アイドルを探せ!」に自ら応募して出場[2]、106点を獲得して河合その子、富川春美と共に合格。翌週からおニャン子クラブのメンバー(会員番号13番)として活動を開始(同番組には実質的に第1回から出演)。また、おニャン子クラブ加入時に大学生になったことからオールナイトフジの出演の声がかかり、短期間であるがオールナイターズのメンバーとしても同時に活動した。
平尾昌晃音楽教室に通っていたことから、おニャン子クラブのデビュー曲「セーラー服を脱がさないで」のフロントボーカルの一員に抜擢。本人も「当時は絶対音感みたいなものがあったと思う」と語り、このようなことから、歌のレッスンを受けた経験が殆どないメンバーの中で内海に歌唱の面を課したところが大きかった。また、子役経験も買われて、幾つものおニャン子主体のドラマには主役格で出演するなど、おニャン子クラブ活動前期の代表的メンバーとなった。立見里歌と共にとんねるずと番組本番中にケンカをしたことがある(立見里歌#石橋貴明とのケンカ参照)。
おニャン子クラブのシングルレコードB面において、ソロで「思い出美人」「プリントの夏」を歌う。本格的なソロデビューが決まった際、ラジオで共演していた伊藤政則に「B面の女王、遂にソロデビュー!」と、大絶賛される。内海自身も「いつでもソロデビュー出来る」といった強い自信があったと言う。
1986年11月、「蒼いメモリーズ」でソロデビュー。このソロデビューを機に、それまでのフジテレビの預かりからホリプロ所属のタレントとなる。デビュー曲はアニメ『タッチⅣ』挿入歌に起用されたこともありヒット。オリコンチャートにおいて初登場3位と好成績であった。しかし、おニャン子クラブからソロデビューしたメンバーの楽曲はもれなく1位もしくは2位であったため「私だけ3位」と落ち込んだという。事務所のスタッフは「百恵でもデビュー曲はベスト3入りできなかった」と慰めたが納得できず、「悔しくて泣いちゃいました」と後年、述懐している。
1987年4月、おニャン子クラブを卒業。卒業生同士では、特に仲の良かった立見里歌とは「とても優しい子だけど、嫌なことは嫌だとはっきり言わなきゃダメよ」との言葉を、また高井麻巳子とは「とにかく女の子らしくて羨ましかった」との言葉をそれぞれ贈り合っていた。同年8月の番組終了時までには何回かゲスト出演をし、おニャン子クラブの解散コンサートにも出演した。
1989年頃からタレント活動と並行しながらカーレーサーとしての活動を開始。
1993年には『From Pheonix 内海和子写真集』でヘアヌードを披露した。
2017年10月24日、声の不調の原因となっていた「声帯にへばりついた血液の固まり」を摘出する手術を受ける。
2018年12月1日、娘がライブアイドル・ゆりあんぬ(XTEEN、平成墓嵐メンバー)であることを明かした。ゆりあんぬには生後7か月の頃から英才教育を受けさせ、小学校から大学まで一貫校に通わせるなど、内海曰く「蝶よ花よ」と育ててきた。ゆりあんぬは小学生までは優等生だったが、本人は「猫被ってた」と語り、自我が芽生えた思春期の頃から派手な行動をとるようになった。大学の入学式にもツインテールのピンクの髪という姿で出席したため、内海は母として入学式に行く気もなかったという。また、美容整形も繰り返し受けており、内海は自分の意に反した行動をとり続ける娘を見て見ぬ振りをして来たと話している。そして、大学を中退、アイドルとしてデビュー。「平成墓嵐」というグループで活動していることに対し、内海は「殴り込みにいきたいくらい嫌ですよ」と話している。
2021年9月16日、パニック障害と診断されたことを公表している。


>>ウィキペディア 内海和子
続きを読む

【画像】水谷あおい北海道出身のAV女優ヌード54枚

水谷あおいエロ画像
水谷あおい ヌード画像 (1)

水谷 あおい(みずたに あおい、1993年5月22日 - )は、日本のAV女優。
東京都出身。

略歴
北海道出身。2015年6月、SODクリエイトのレーベル「副職AV女優」の専属素人としてAVデビュー。
本職は看護師とされ、2016年1月26日のツイッターで看護師を辞めたことを報告[4]。女優業への憧れがAVデビューのきっかけである。
趣味:音楽鑑賞、ショッピング、バレーボール。資格:看護師免許、実用英語技能検定準2級。


>>ウィキペディア 水谷あおい
続きを読む

【画像】渡辺万美・袋とじヘアヌードグラビアの芸能人48枚

渡辺万美エロ画像
渡辺万美 (1)

渡辺 万美(わたなべ ばんび、1989年9月15日 - )は、日本のタレント、ジェンダーフリーブランドBushy Park(ブッシー・パーク)の社長。本名、渡辺 花穂。
東京都出身。

略歴
以前の所属はサンズエンタテインメント(2009年12月31日まで)→スターポリス。
高校3年生だった当時の2007年10月16日に本名で出場したトリンプ・インターナショナル・ジャパン主催のヒップコンテスト「ショウ・ミー・ユア・スロギー」日本大会で優勝者に選ばれ、「日本一のお尻美人」として注目された[10]。この出場直前には、整髪するために高温にしていたヘアーアイロンに誤って座り、尻の右下にやけどの痕を残すというアクシデントもあった。そして同年10月31日にドイツのミュンヘンで行われた同じコンテストの世界大会に進出したが、受賞は叶わなかった。
この日本大会が、特別審査員を務めていたサンズエンタテインメント社長の野田義治のプロデュースによる芸能界デビューが約束されたものであったため、この年の11月5日にサンズと契約。そしてこの10日後に受けたというオーディションから、『あしたの、喜多善男〜世界一不運な男の、奇跡の11日間〜』(関西テレビ制作・フジテレビ系)のレギュラー出演者に抜擢、この作品が初テレビ出演にして初レギュラーとなった。本人は栗山千明のファンでもあり、本作で共演することも実現した。グラビアデビューは『月刊プレイボーイ』だった。
通っていた高校は芸能活動を禁止していたため自主退学し、転校した。
これ以前にも、ミュージカル『アニー』のオーディションに何回か応募したことがあったが、合格しなかった。その後もミュージカル出演への意欲は強く、サンズを所属事務所に選んだ理由も『グラビアだけではなく、ミュージカルのようなこともやっていたりするから』ということである。
2010年1月21日のブログにてサンズエンタテインメントとの契約を終了したことを発表した。今後は歌手を目指して活動していく予定だったが、2013年にスターポリスと契約し活動再開。同年9月、光文社「FLASH」主催のオーディション『ミスFLASH2014』にエントリーされファイナリストまで進出するが、グランプリ受賞は果たせなかった。
2018年に28歳で初めてヌードを披露した。初公開は同年5月7日発売の雑誌『週刊現代』(講談社)の袋とじヘアヌードグラビア。また、これに続いて「約10年ぶり」となる写真集が同社から発売されることも発表された。
2019年3月より米雑誌「PLAYBOY」のプレイメイトに就任。
2019年8月、ジェンダーフリーなアンダーウェアブランド『Bushy Park 〈ブッシーパーク〉』を本格的にスタート。。
2021年2月発行、森山大道の写真集「Orizuru」の被写体に抜擢。ハッセルブラッド国際写真賞受賞者・森山大道氏の、自発的にヌードをモチーフとして制作された、初の写真集。


>>ウィキペディア 渡辺万美
続きを読む

【画像】瀬奈涼AV女優ヌード31枚

瀬奈涼エロ画像
01

瀬奈 涼(せな りょう、1985年7月15日 - )は、日本のAV女優。ベルテックプロダクション所属。東京都出身。血液型:A型。身長:162cm。スリーサイズ:B86(C-70)・W59・H83。

略歴
2009年にAVデビュー。


>>ウィキペディア 瀬奈涼
続きを読む

【画像】水谷心音(藤崎りお)Eカップ巨乳AV女優ヌード36枚

水谷心音エロ画像
01

藤崎りお(ふじさき りお、1988年12月29日 - )は、日本のAV女優。
神奈川県出身、ティーパワーズ所属。

略歴
水谷 心音の名前でも出演している。
趣味・特技:映画鑑賞、ピアノ、漫画を読むこと、リバーシ、マッサージ。
好きな芸能人は木村拓哉で、『ぷっすま』で共演した際、間近で木村を見て興奮して思わず「んふ」と声を出してしまった。ちなみに理想の男性も木村拓哉である。


>>ウィキペディア 藤崎りお
続きを読む

【画像】瀬名えみりAV女優ヌード36枚

瀬名えみりエロ画像
瀬名えみり (1)
続きを読む

【画像】瀬奈ジュン人妻や若妻などのAV女優ヌード44枚

瀬奈ジュンエロ画像
森苺莉  (1)

瀬奈 ジュン(せな じゅん、1986年7月22日 - )は、日本のAV女優。ポップスターグループ所属。

略歴
2009年にAVデビュー。人妻や若妻などの役柄での出演が多い。演じられる年齢の幅が広く、25歳のときに成人の息子二人を持つ母親役を演じたりしている。


>>ウィキペディア 瀬奈ジュン
続きを読む

【画像】森苺莉・CカップのAV女優ヌード67枚

森苺莉エロ画像
森苺莉 (1)

森苺莉(もり まいり、1996年1月18日 - )は、日本の元AV女優。
兵庫県出身、ループエンターテイメント専属。アダルトアイドルグループ「BRW108」の付属ユニット「PINKEY」のメンバー。

略歴
2015年12月11日 - アリスJAPANよりAVデビュー。
2017年4月1日 - ループエンターテイメントに移籍。
2017年7月1日 - 専属女優から企画単独女優に契約形態変更。
2018年4月20日 - 最後のAV撮影が完了。翌月の26日のラストオフ会をもって引退。


>>ウィキペディア 森苺莉
続きを読む

【画像】仁美まどか・元原宿☆バンビーナAV女優ヌード41枚

仁美まどかエロ画像
仁美まどか (1)

仁美 まどか(ひとみ まどか、1993年2月18日 - )は、日本のAV女優。バンビプロモーション所属。2021年4月1日、百瀬 凛花(ももせ りんか、1993年12月25日 - )への改名を自身のツイーターで報告。ティーパワーズ所属。

略歴
東京都出身[1]。趣味はショッピング。
2012年8月、kawaii*の専属女優としてAVデビュー。
同じ事務所のAV女優で結成されたアイドルユニット「原宿☆バンビーナ」のメンバーとしても活動。2016年10月にデビューCD『Fantasmile!/fairyMagic』が発売。
2016年10月、中国広州でライブチャットや大学キャンパスにて性教育の講座を広瀬うみと大学生約400名に対して行う。2017年夏、原宿☆バンビーナ活動休止時にグループ卒業。
2018年2月16日、ARROWS所属となり「星川凛々花(ほしかわ りりか)」に改名したことをツイート。
2021年4月、ティーパワーズ所属となったこと、芸名を「百瀬凛花(ももせりんか)」としたことを発表。


>>ウィキペディア 仁美まどか
続きを読む
記事検索
ご注意・お知らせ
当サイトはアダルト的な内容を含んでいます。18歳未満の方は退出お願いします
記事更新サイト
FANZAエロ動画
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

DUGA
DUGA
DUGA
DUGAのいいところ
「マニアックでコアなエロが楽しめる」ということが大きな特徴です。 DUGAの場合はそういったノーマルから少しハードくらいのラインナップではなく、「SMやスカトロなどのかなりコアな物」が、プッシュされています。
SODクリエイト
超A級のAV女優や超A級のエロ企画が織り成すド迫力映像満載!SODクリエイトが全精力をかけて制作した単体女優作品、こだわり抜かれた凌辱や痴女などの企画作品を大量配信!業界トップを走り続けるメーカーだからこそのハイクオリティ映像は見なきゃ絶対損!
プレステージ
数多くの専属女優を抱える絶対的美少女メーカー『プレステージ』。業界を代表する『お貸しします。』や『エスカレートするドしろーと娘』『働くオンナシリーズ』など大人気素人シリーズも多数リリース!1度見れば惚れてしまう!誰もが認める絶世の美少女達が今日もあなたを虜にする!!
クリスタル映像
単体作品から企画モノまで、エロい娘がよりどりみどりの選び放題!数々の名女優・人気シリーズを生み出してきた「クリスタル映像」が、老舗メーカーならではの充実したラインナップで、ありとあらゆる欲望にお応えします!
FALENO
芸能人、専属単体女優からバラエティ企画まで、旬なコンテンツで時代を切り拓くアダルト映像メーカー「FALENO」!配信特化型次世代AVとしてFALENOならではの多彩で高品質なアダルト映像をお届けします!これからが楽しみすぎる美女達の覚醒したエロポテンシャルをご堪能下さい!!
h.m.p
「エロとまごころとh.m.p」をテーマに掲げる、元祖美少女AVメーカー「h.m.p」!AV史に残る名女優や、続々とデビューする新人女優作品がここに集結!極上の美少女があなたのヤリたいことを叶えてくれる!!誰もが認めるハイクオリティな映像や企画をお届けします!!
宇宙企画
エッチでカワイイ天文学的美女が勢揃い!!美少女本番路線でアダルトビデオの新機軸を打ち出した、伝統のAVレーベル“宇宙企画”。美少女作品といえばこのレーベルです。
アリスJAPAN
数々の美少女を発掘しAVデビューさせてきた誰もが知るAVメーカー「アリスJAPAN」。美少女が到着後、即ハメされるギネス級「秒ハメ」シリーズ「出会って○秒で合体」やデカマラと激ピストンにイカされ美少女たちが快楽の渦に溺れていく「人間廃業」シリーズは必見。これからも「アリスJAPAN」が見逃せない!
変態志向
前人未到の拷問行為に挑む過激レーベル!容赦ない苛めが繰り広げられるレイプ・スカトロ・ドラッグなどの問題作は必見!泣いても叫んでも許されない、餌食と化した女達の悲痛とも呼べる声が空しく辺りに響き渡る。その止むことのない拷問風景はまさに地獄絵図!
パラダイステレビ
「こんなアダルト見たことない!」世界で唯一のアダルトバラエティー専門テレビ局、それがパラダイステレビ!乱交、熟女、隠撮、処女、素人、レイプ、ナンパetc…オールジャンル100%自社制作による極エロ&激ヤバ番組てんこ盛り!
ナチュラルハイ
痴漢、露出、ナンパ、ぶっかけ等を得意とする永遠のインディーズAVメーカー。底なしの性欲と抜群の映像センスで、AVの常識を破壊し、パイオニアとして君臨するナチュラルハイ!!ノーマルなエロには満足できなくなった貴方におすすめ!
V&Rプランニング
ゲロも、糞も、ミミズも喰らう!これほどまでにグロテスクでバイオレンスな映像が他にあるだろうか?!「鬼のドキュメンタリスト」の異名を持ち、カリスマAV監督として名高い安達かおる氏率いる「V&Rプランニング」が、フェチ・スカトロの限界点に挑む!
ヒビノ
レイプ作品のメッカ、ヒビノによる妥協を許さない作品の数々。美形女優本気・本番主義。エロ度の高い抜ける作品作りを目指します。レイプ、痴漢、痴女、人妻不倫など、股間を熱くするネタで、手抜き無し。
↓キワモノ!やばいハードSMは好きな人はオススメ↓
スクラム
和製苦痛系SMの最高峰!針責め、鞭責め、サスペンション、電流責めなど限界を超える拷問の数々が苦痛の扉を抉じ開ける。痛みと恐怖でしか辿り着けない喜悦の境地がここにある。
同人エロFANZA
yuna-sasaki01僕にハーレムセフレができた理由2

yuna-sasaki01僕にハーレムセフレができた理由

yuna-sasaki01満たされて目覚める朝に、地味な朝食を
ランキング
アクセスランキング



アダルトコミックFANZA
yuna-sasaki01OVER!!

yuna-sasaki01オナホ教室-新学期-女生徒妊娠仕置計画【電子限定版】【FANZA限定版】

yuna-sasaki01乳とりどり
おすすめエロい記事
yuna-sasaki01
俺が好きだった小泉今日子のヌード画像はこれだ


yuna-sasaki01
澤村レイコがチンポ入れられマンコが泡まみれ


yuna-sasaki01
丸純子がヒゲ面の若い兄ちゃんにバックで突かれて


yuna-sasaki01
貴婦人隷属の縄化粧 1.縄緊縛で蘇る被虐の歓び


yuna-sasaki01
金子部長はロリコン


yuna-sasaki01
木下優樹菜さん、芸能界の“裏事情”を暴露!


yuna-sasaki01
シースルーラブの奏羽音が全裸でオナニー


yuna-sasaki01
芦名星が映画シルクでおっぱい丸出し正常位でパコパコ


yuna-sasaki01
上村美香 汁の力 無修正


yuna-sasaki01
中村アン 女性の理想の体型の1位に選ばれた美ボディエロすぎるお宝グラビア動画
リンク集
芸能アイドル熟女ヌードですねん
お宝ヌードで着エロブログ
グラビアアイドルヲタ
エロ梅毒
巨乳爆乳スパイラル
シンプルアダルト動画サーチ
アダルトサーチエンジンマックスMAX
アダルト相互リンクSEO「エロリスト」
アダルト相互リンク adult-links1
アダルト自動登録リンク「ヒーハー」
アルテミス
アダルト無料検索 アダルトなび2
IMAGE EYES
電脳女学園
アダルト相互リンクA-1
懐かしのAV女優と芸能人の無料動画
エロチク
Ero Tube
着エロアイドル館
画像掲示板FAN
懐エロ動画館
女子校生が好き - JKのエロ動画と画像まとめ
A-Season Adult Search
アダルト検索 ASS N@VI
リンクアダルトサーチ
アダルト専門 アダルトサーチジャパン
Adult Seeker
Super NAVI ADULT
EROエロNAVI
無料H.com
ALL ADULT GUIDE
アダルトサーチPB
アダルトサーチWIN21
結局、AV女優だった...
セクシー画像館
ミニスカート・パンチラ画像掲示板
AV女優人力データベース
がんもどき
愛と官能の美学
セクシーヌードを探せ
脱いでる映画館
Re:Tバック美少女村
エログチャンピオン
かんたん自動相互リンク40アダルトOK
金子部長はロリコン
電脳女学園
Busty JP Models - 巨乳モデル画像掲示板
Foreign Adult Site - 海外アダルトサイト事情
【18禁】家相がゆく!?
HNあんてな
俺の好きなAV女優ヌード画像ですねん
【ズリマニ】パイズリマニアの館
AV動画ならFANZA




ア行
愛内梨花
愛内梨花
AIKA
AIKA
愛華みれい
愛華みれい
藍川美夏
藍川美夏
哀川りん
哀川りん
逢沢はるか
逢沢はるか
逢沢りいな
逢沢りいな
愛須心亜
愛須心亜
愛染恭子
愛染恭子
あいだもも
あいだもも
あいだゆあ
あいだゆあ
愛田るか
愛田るか
愛音まりあ
愛音まりあ
愛原つばさ
愛原つばさ
逢見リカ
逢見リカ
蒼井そら
蒼井そら
葵つかさ
葵つかさ
青木玲
青木玲
青山はな
青山はな
紅音ほたる
紅音ほたる
秋野千尋
秋野千尋
秋山祥子
秋山祥子
晶エリー
晶エリー
朝岡実嶺
朝岡実嶺
朝河蘭
朝河蘭
朝桐光
朝桐光
朝倉ことみ
朝倉ことみ
浅倉舞
浅倉舞
麻吹まどか
麻吹まどか
麻宮淳子
麻宮淳子
麻美ゆま
麻美ゆま
明日花キララ
明日花キララ
麻生早苗
麻生早苗
麻生希
麻生希
綾波涼
綾波涼
鮎川あみ
鮎川あみ
鮎川真理
鮎川真理
有賀美穂
有賀美穂
有森麗
有森麗
飯島恋
飯島恋
飯島夏希
飯島夏希
五十嵐こずえ
五十嵐こずえ
池上恵美
池上恵美
池野瞳
池野瞳
泉じゅん
泉じゅん
泉星香
泉星香
板垣あずさ
板垣あずさ
市川まさみ
市川まさみ
苺みるく
苺みるく
一条リオン
一条リオン
一ノ瀬茜
一ノ瀬茜
一ノ瀬アメリ
一ノ瀬アメリ
一之瀬すず
一之瀬すず
一戸のぞみ
一戸のぞみ
一色あずさ
一色あずさ
樹まり子
樹まり子
伊藤真紀
伊藤真紀
伊東怜
伊東怜
井上あんり
井上あんり
今井夏帆
今井夏帆
上戸あい
上戸あい
上原亜衣
上原亜衣
宇佐美なな
宇佐美なな
うさみ恭香
うさみ恭香
卯水咲流
卯水咲流
内田美奈子
内田美奈子
絵色千佳
絵色千佳
江波りゅう
江波りゅう
艶堂しほり
艶堂しほり
及川奈央
及川奈央
桜咲姫莉
桜咲姫莉
大浦あんな
大浦あんな
大越はるか
大越はるか
大島美緒
大島美緒
大城かえで
大城かえで
大空あすか
大空あすか
大塚咲
大塚咲
大槻ひびき
大槻ひびき
丘咲エミリ
丘咲エミリ
岡崎美女
岡崎美女
岡田真由香
岡田真由香
岡田優奈
岡田優奈
小川あさ美
小川あさ美
小川明日香
小川明日香
小川ちひろ
小川ちひろ
小川桃果
小川桃果
沖那つばさ
沖那つばさ
荻野舞
荻野舞
奥田咲

小沢なつき
小沢なつき
小沢菜穂
小沢菜穂
小沢奈美
小沢奈美
小沢まどか
小沢まどか
小澤マリア
小澤マリア
小田有紗
小田有紗
織田真子
織田真子
音羽レオン
音羽レオン
小野今日子
小野今日子
小野夕子
小野夕子
折原ほのか
折原ほのか
カ行
貝満ひとみ
貝満ひとみ
KAORI
KAORI
鏡麗子
鏡麗子
笠木忍
笠木忍
風間ゆみ
風間ゆみ
風間ルミ
風間ルミ
かすみ果穂
かすみ果穂
かすみりさ
かすみりさ
香月あんな
香月あんな
かとう由梨
かとう由梨
佳苗るか
佳苗るか
金沢文子
金沢文子
神代弓子
神代弓子
上條うらら
上條うらら
神谷姫
神谷姫
加山なつこ
加山なつこ
可愛ゆう
可愛ゆう
川上ゆう
川上ゆう
川島和津実
川島和津実
川奈まり子
川奈まり子
川浜なつみ
川浜なつみ
菅野亜梨沙
菅野亜梨沙
菅野つぼみ
菅野つぼみ
サ行
西条沙羅
西条沙羅
西條るり
西條るり
西城玲華
西城玲華
さいとう真央
さいとう真央
斉藤唯
斉藤唯
佐伯祐里
佐伯祐里
三枝美憂
三枝美憂
冴島奈緒
冴島奈緒
早乙女美紀
早乙女美紀
佐久間恵美
佐久間恵美
桜木亜美
桜木亜美
桜樹ルイ
桜樹ルイ
桜ここみ
桜ここみ
桜田さくら
桜田さくら
桜田由加里
桜田由加里
紗倉まな
紗倉まな
桜空もも
桜空もも
ささきふう香
ささきふう香
咲々原リン
咲々原リン
笹山希
笹山希
さとう遥希
さとう遥希
里美ゆりあ
里美ゆりあ
佐山愛
佐山愛
沙里奈ユイ
沙里奈ユイ
沢木まゆみ
沢木まゆみ
沢木まりえ
沢木まりえ
沢口あすか
沢口あすか
沢口まりあ
沢口まりあ
沢口みき
沢口みき
沢口梨々子
沢口梨々子
澤村レイコ
澤村レイコ
椎名そら
椎名そら
椎名舞
椎名舞
椎名りく
椎名りく
篠田あゆみ
篠田あゆみ
篠田ゆう
篠田ゆう
篠宮ゆり
篠宮ゆり
志村玲子
志村玲子
庄司みゆき
庄司みゆき
白石ひとみ
白石ひとみ
新堂有望
新堂有望
JULIA
JULIA
神宮寺ナオ
神宮寺ナオ
鈴木さとみ
鈴木さとみ
鈴木麻奈美
鈴木麻奈美
鈴村あいり
鈴村あいり
涼森れむ
涼森れむ
須磨れい子
須磨れい子
澄川ロア
澄川ロア
園田みおん
園田みおん
タ行
高樹マリア
高樹マリア
高倉みなみ
高倉みなみ
高杉レイ
高杉レイ
高橋しょう子
高橋しょう子
高宮りこ
高宮りこ
武井麻希
武井麻希
立花里子
立花里子
橘れもん
橘れもん
辰巳ゆい
辰巳ゆい
立野しのぶ
立野しのぶ
田中露央沙
田中露央沙
田村香織
田村香織
壇蜜
壇蜜
茅ヶ崎ありす
茅ヶ崎ありす
つかもと友希
つかもと友希
辻さき
辻さき
堤さやか
堤さやか
つぼみ
つぼみ
手塚莉絵
手塚莉絵
寺崎泉
寺崎泉
東條なつ
東條なつ
当真ゆき
当真ゆき
友田彩也香
友田彩也香
都盛星空
都盛星空
ナ行
nao.
nao.
中島京子
中島京子
中野ありさ
中野ありさ
中野千夏
中野千夏
仲村もも
仲村もも
中森玲子
中森玲子
長澤あずさ
長澤あずさ
長瀬愛
長瀬愛
灘ジュン
灘ジュン
夏目ナナ
夏目ナナ
奈々見沙織
奈々見沙織
七海ひな
七海ひな
成瀬心美
成瀬心美
西尾かおり
西尾かおり
西野美緒

新田利恵
新田利恵
二宮沙樹
二宮沙樹
乃亜
乃亜
野坂なつみ
野坂なつみ
野々宮あん
野々宮あん
野々宮りん
野々宮りん
ハ行
萩原さやか
萩原さやか
橋本ありな
橋本ありな
蓮実クレア
蓮実クレア
長谷川瞳
長谷川瞳
波多野結衣
波多野結衣
カ行
市川まさみ初音みのり
初音みのり
初美りん
初美りん
浜崎真緒
浜崎真緒
浜崎りお
浜崎りお
早坂ひとみ
早坂ひとみ
林かづき
林かづき
早瀬理沙
早瀬理沙
葉山レイコ
葉山レイコ
原田ひかり
原田ひかり
春菜はな
春菜はな
範田紗々
範田紗々
氷高小夜
氷高小夜
Hitomi
Hitomi
瞳リョウ
瞳リョウ
ひなた澪
ひなた澪
卑弥呼
卑弥呼
姫川ゆうな
姫川ゆうな
日向まこ
日向まこ
日吉亜衣
日吉亜衣
平井まりあ
平井まりあ
平松ケイ
平松ケイ
広瀬奈央美
広瀬奈央美
深田えいみ
深田えいみ
深田美穂

吹石れな
吹石れな
藤谷しおり
藤谷しおり
藤村真澄
藤村真澄
藤本聖名子
藤本聖名子
藤森かおり
藤森かおり
冬月かえで
冬月かえで
北条麻妃
北条麻妃
宝来みゆき
宝来みゆき
星崎アンリ
星崎アンリ
星野杏里
星野杏里
星野ひかる
星野ひかる
カ行
星美りか
星美りか
星月まゆら
星月まゆら
細川しのぶ
細川しのぶ
細川百合子
細川百合子
穂花
穂花
本庄鈴
本庄鈴
本真ゆり
本真ゆり
マ行
Maika
Maika
前嶋美歩
前嶋美歩
前多まこ
前多まこ
前原祐子
前原祐子
真木今日子
真木今日子
牧原れい子
牧原れい子
真咲乱
真咲乱
ましろ杏
ましろ杏
松坂季実子
松坂季実子
松島かえで
松島かえで
松本コンチータ
松本コンチータ
松本まりな
松本まりな
松本メイ
松本メイ
黛ミキ
黛ミキ
まりか
まりか
丸純子
丸純子
三浦あいか
三浦あいか
三浦恵理子
三浦恵理子
三上翔子
三上翔子
三上悠亜
三上悠亜
美里真理
美里真理
観月マリ
観月マリ
水谷リカ
水谷リカ
水野愛
水野愛
水野朝陽
水野朝陽
美竹涼子
美竹涼子
美谷朱里
美谷朱里
三田友穂
三田友穂
みづなれい
みづなれい
御藤静
御藤静
みなせ優夏
みなせ優夏
湊莉久
湊莉久
みなみありす
みなみありす
峰なゆか
峰なゆか
美乃すずめ
美乃すずめ
美穂由紀
美穂由紀
宮下杏菜
宮下杏菜
宮瀬リコ
宮瀬リコ
向井藍
向井藍
村上麗奈
村上麗奈
むらさき真珠
むらさき真珠
恵けい
恵けい
持田茜
持田茜
桃井望
桃井望
森沢かな
森沢かな
森下くるみ
森下くるみ
森ほたる
森ほたる
森村ハニー
森村ハニー
ヤ行
矢沢ようこ
矢沢ようこ
矢吹杏
矢吹杏
矢吹まりな
矢吹まりな
矢部寿恵
矢部寿恵
山岸逢花
山岸逢花
山崎亜美
山崎亜美
憂木瞳
憂木瞳
夕樹舞子
夕樹舞子
優希まこと
優希まこと
結城るみな
結城るみな
夢野まりあ
夢野まりあ
夢実あくび
夢実あくび
鈴木麻奈美横山みれい
横山みれい
吉崎直緒
吉崎直緒
吉高寧々
吉高寧々
吉野真理
吉野真理
ラ行
Rio
Rio
RION
RION
ワ行
若菜瀬奈
若菜瀬奈
若菜奈央
高倉みなみ
若菜ひかる
若菜ひかる
渡瀬晶
渡瀬晶
  • ライブドアブログ