松本小雪ヌード画像、夕やけニャンニャン片岡鶴太郎と共に初代司会者をしていた。
matsumoto_koyuki_1966_1

松本小雪 プロフィール

東京都出身。街頭スカウトを経て平尾昌晃音楽学校でレッスンを重ね、堀越高等学校芸能コースに入学。高校3年時の1983年にアイドル扱いでデビューを果たし約半年間活動したものの、翌1984年満18歳になるや否や篠山紀信にフルヌードを撮影させ、同校卒業を待って小学館の雑誌『写楽』『GORO』で発表して話題を呼ぶ。 桑沢デザイン研究所に進学。浮世離れした「不思議ちゃん」的雰囲気が注目され、宮沢章夫、竹中直人、いとうせいこうらの演劇ユニット『ドラマンス』(後のラジカル・ガジベリビンバ・システム)を結成し、プロダクション人力舎に所属する。他にも「田辺(エージェンシー)枠」のお笑い番組でテレビにも進出した。 1985年4月には一部のおニャン子[1]と同級生だったにもかかわらず『夕やけニャンニャン』の初代司会者の1人に起用され、同番組の総合司会を放送開始から1年半に渡って務めた。夕ニャンではComme des Garçons や Y's の黒系ロングスカートドレス、踵のないパンプス、太いまゆげ[2]、襟足を刈り上げたテクノカット風ショートボブという、当時流行のハウスマヌカンスタイルでアンニュイさを醸し出し、同じく初代司会者だった片岡鶴太郎やダンプ松本らに弄られた。 1980年代中盤一杯、バラエティ番組にアート系若手女性タレントの役どころで出演した後は、紙媒体のエッセイやイラストに活動の比重を移し、2000年からは朝日新聞の連載小説『官能小説家』(高橋源一郎)の挿絵を担当していたが、戦前の資生堂ポスター図案の剽窃を疑われ、しりあがり寿と途中交代した。その後主婦。
『ウィキペディア(Wikipedia)』>>松本小雪

松本小雪松本小雪ヌード画像

matsumoto_koyuki_1966_2
matsumoto_koyuki_1966_3
matsumoto_koyuki_1966_4
matsumoto_koyuki_1966_5
matsumoto_koyuki_1966_6
matsumoto_koyuki_1966_8
matsumoto_koyuki_1966_7
matsumoto_koyuki_1966_9
matsumoto_koyuki_1966_10
matsumoto_koyuki_1966_11
matsumoto_koyuki_1966_12
matsumoto_koyuki_1966_13
matsumoto_koyuki_1966_14
matsumoto_koyuki_1966_15
matsumoto_koyuki_1966_16
matsumoto_koyuki_1966_17
matsumoto_koyuki_1966_18
matsumoto_koyuki_1966_19
matsumoto_koyuki_1966_20
matsumoto_koyuki_1966_21
matsumoto_koyuki_1966_22
matsumoto_koyuki_1966_23
matsumoto_koyuki_1966_24
matsumoto_koyuki_1966_25
matsumoto_koyuki_1966_26
matsumoto_koyuki_1966_27
matsumoto_koyuki_1966_28
matsumoto_koyuki_1966_29
matsumoto_koyuki_1966_30
matsumoto_koyuki_1966_31
matsumoto_koyuki_1966_32
matsumoto_koyuki_1966_33
matsumoto_koyuki_1966_34
matsumoto_koyuki_1966_35
matsumoto_koyuki_1966_36
matsumoto_koyuki_1966_37
matsumoto_koyuki_1966_38
matsumoto_koyuki_1966_39
matsumoto_koyuki_1966_40
matsumoto_koyuki_1966_41


FANZA🌙おすすめ動画



FANZA動画をもっと見る
top